ベッキー 金スマ「見切り復帰」裏目に出たらタレント生命の危機

人気バンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル川谷絵音(27)との不倫騒動で芸能活動を休止していたタレントのベッキー(32)が、13日にテレビ復帰することが発表された。番組は同夜の「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)。このタイミングでの露出には「早すぎる」との反発も予想される。それでも復帰に傾いたのは、ベッキーの「早くテレビに戻りたい!」という焦りが大きかったため。ただ、裏目に出たら「タレント生命が終わりかねない」ともみられている。

 ベッキーは正式発表前に「金スマ」の収録を済ませており、13日にVTR出演する。

「もともとベッキーが出るバージョンと出ないバージョン、両方とも撮影はした。世論の動きを見て、ちょうど川谷が離婚を発表したことで局内でも『取りやめたほうがいいんじゃないか』という声も上がったようです。ただ最終的には、放送にゴーサインを出したようですね」(民放関係者)

 ベッキーの出演はスタジオではなくロケ。その中で不倫騒動の経緯を多少、話すとみられる。

「不倫騒動が発覚した当初から、『金スマ』スタッフがベッキーの面倒を見るということが前々から約束されていた。このタイミングだったのは、一応の“みそぎ”が済んだと判断したからでしょうが、何よりベッキーの“早くテレビに出ないと忘れられてしまう!”との焦りが大きかったようですね」とはある芸能プロ関係者だ。

「『半年もテレビに出なかったらどうなってしまうのか』とベッキーはずっと心配していた。テレビに出るためにどうしても必要だったのが、川谷の妻への直接謝罪と考えた。妻の連絡先を知っている週刊文春に手紙を出すことで間を取り持ってもらった」(同関係者)

 所属事務所の社長を介して、不倫問題を最初に報じた週刊文春に手紙を持っていったのが4月22日で、ベッキーがロケに出たのが同30日だという。「5月上旬には妻に直接謝罪ができたともいわれています。これがベッキーの中では“みそぎ”で、TBSとしても『これで大丈夫』と踏んだのでしょう」(同)

 そうは言っても、わずか3か月休んだだけでの復帰は、本紙が再三指摘したように大反発を招くことは間違いない。

「どんな話をするにせよ、VTRで出るということは一方的な言い分を放送するだけですから、好意的に受け取る視聴者がどれだけいるか。それに『金スマ』はOKかもしれないが、ベッキーが休んでいる他の番組の中には、あまりに世間の反発が激しいようなら出演を見合わせると、静観しているところもありますからね」とは前出の民放関係者。

 どう見てもこれでは「見切り復帰」。焦ったベッキー本人が望んだものだが、予想以上に反発が強く裏目に出るようだと「消えたタレント」になりかねない。

出典 excite.co.jp
планшет какой фирмы лучше купитьрадиоуправляемые модели с камеройполигонasus p553ma bing sx1181b отзывы

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です